眼瞼下垂(がんけんかすい)【日帰り手術可】

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、『上まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなり、視界が狭くなったり物が見づらくする状態』です。
眼瞼下垂の人は無意識のうちに、額の筋肉を寄せることでまゆ毛や目を見開こうとしたり、顎をあげて見るようになります。常に額の筋肉に緊張がかかることによって頭痛や肩こりを引き起こします。
生まれつきの眼瞼下垂(先天性眼瞼下垂)で視野が狭くなっている場合は視力障害を起こすので手術が必要です。(保険適応)
老人性眼瞼下垂、長期コンタクト着用による眼瞼下垂で瞳孔がかくれて視野狭窄をきたしている場合は保険手術の適応となります。皮膚のみの手術、眼瞼挙筋を扱う手術と患者さんの瞼の状態によって術式が変わってきます。
美容目的の場合は保険適応でなく自費手術となります。