乳房のお悩みナグモクリニックと提携して治療に当たります。

1.陥没乳頭

乳首がへこんでいる状態です。美容的な問題だけではなく、授乳ができない、赤ちゃんに乳首をくわえさせてあげられないということが一番の問題です。また、乳腺炎になるリスクも非常に高いです。40歳未満、今後授乳予定がある、程度が酷く乳腺炎を繰り返す場合などは保険適応で手術が可能です。小さな傷で、乳管を傷つけない方法を用いて手術を行います。

詳しくはこちらへ

2.乳房再建・乳頭乳輪再建

乳癌の罹患率が増えることで(現在女性の12人に1人の罹患率)、乳房全摘術の手術も増えています。命を助けるために乳房を犠牲にしたとしても喪失感が大きくその後の人生のQOLを低くしてしまいます。
乳房再建の方法としては自家組織(自分のお腹や背中の筋肉や皮膚)移植法、シリコンインプラントによる再建法の2つがあります。シリコンインプラントによる再建も保険適応になりました。
患者様の全摘後の状態は、放射線治療がなされているかどうか、超音波検査で大胸筋や筋膜が残されているかどうか調べた結果によって治療法は変わってきます。どちらの方法が適しているか、手術の方法によって入院が必要か通院治療で可能か、大きく変わってきます。福岡大学形成外科やナグモクリニックと連携をしていますので、患者様に合った治療の方法を考えていきます。
「癌をとったから形まではいいや」と、あきらめないでください。失った乳房、乳輪乳頭を取り戻して人生を楽しみましょう。

詳しくはこちらへ

3.乳頭縮小

生まれつき乳首が大きかったり、授乳で乳首が大きくなったり垂れさがったりということでコンプレックスを抱えている方は多いです。手術により面積を小さくする方法、長さを短くする方法、面積と長さ両方を整える方法と3種類に手術は分けられます。

詳しくはこちらへ

4.乳輪縮小

乳輪が大きいことでコンプレックスを抱える方も多いのが事実です。乳輪のみを小さくする手術、下垂してしまって伸びきった乳輪や乳房の皮膚を切除する手術など患者さんの状態に合わせた手術が必要です。

詳しくはこちらへ

5.豊胸手術(シリコンバックによる手術、ヒアルロン酸注入による手術)

生まれつき胸が小さい、授乳でバストがしぼんだ、女性にとって乳房はシンボルであり、だからこそ大きさや萎縮で悩まれる方は非常に多くいらっしゃいます。どのくらい大きくしたいのか、ダウンタイムをどのくらい受け入れられるか、によって手術法は変わってきます。
確実に2カップ以上大きくしたい方は人工乳腺(インプラント)豊胸をお勧めします。ダウンタイムは受け入れがたい、1~2カップ大きくしたい方はヒアルロン酸注入による豊胸や自身の脂肪を吸引してバストに注入する脂肪注入による豊胸術という選択肢があります。
他院での豊胸術後の超音波の検診も行っております。バックの破損が超音波で診断されれば再手術を行う必要があります。「豊胸はしたけど乳がん検診をどこでしたら良いか分からない」「中のバックがどうなっているか不安」という方は超音波検診におみえ下さい。

詳しくはこちらへ

6.乳房縮小術

元々大きなバストが垂れてしまって肩こりや体の不調、夏場に乳房裏にあせもが出来やすいなどのお悩みを抱えた方、授乳を終えて下垂がひどくなってしまった方は乳房縮小術の適応になります。余ってしまった皮膚のみを取る(バストアップをはかる)方法、余剰な乳腺も一緒に取って軽い乳房にする方法、患者様に合わせた乳房縮小法を提案していきます。

詳しくはこちらへ

7.乳輪つり上げ術

小~中くらいのバストで乳房が垂れてしまった方は乳輪の上の皮膚を切って乳輪を吊り上げることでバストアップをはかります。

詳しくはこちらへ