ホクロ・ほくろ

ほくろイメージ

ホクロは、母斑細胞という細胞が色素を皮膚全体にわたって作り出している状態です。
小さなもので悪性の可能性が考えられない場合であれば、レーザーで焼灼する方法が整容的にきれいに治ります。ErYAG(エルビウムヤグ)レーザー、あるいはCO2(炭酸ガス)レーザーで削る治療が必要です。2週間の軟膏療法とテープ処置が必要です。
悪性の可能性がある場合、大きさが大きくレーザー治療が不可能な場合は手術が必要です。

ホクロの治療方法

ホクロ(ほくろ)の症例写真

  • 施術前

    施術後