顔や手、外表面の怪我(切り傷・すり傷など)

体表の外傷は形成外科の専門分野です。切り傷、擦り傷などは初期治療によって治るまでの期間やキズアトの残り方にずいぶん差がでます。早めの受診をお勧めします。入院が必要な大きなけがの場合には徳洲会病院と連携を図り治療を行います。