男性の毛髪治療(AGA)

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態で、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGAセルフチェック

AGAについて

AGAは早めの治療が大切です。AGA、薄毛のお悩みはお一人で悩まずに皮膚科専門医の私たちにご相談ください。

  • ヘアサイクルについて

    毛髪のサイクルをご存じですか?髪の毛1本1本には寿命があり「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルがあります。男性の場合は2~5年、女性の場合は4~6年で伸びて、抜け、また新しく生えるということを繰り返しています。 AGAの場合は、このヘアサイクルのバランスが乱れ、大切な成長期が数ヶ月~1年と短くなり、毛髪が十分に成長しないまま抜け落ちてしまうという悪循環となってしまうのです。

薄毛・抜け毛のタイプ

男性型脱毛症(AGA)の進行パターンは、大きく分けると以下の3タイプがあります。

  • M型

    こめかみ付近から頭頂部に向かってM字型に進行していくタイプです。

  • A型

    前頭部の生え際からA字型に進行するタイプです。

  • O型

    頭頂部からO字型に進行するタイプで、M型・A型に比べると比較的改善が容易です。

治療方法

プロペシア

治療は内服薬としてプロペシア(フィナステリド)が登場したことが大きな変革となりました。フィナステリドはAGAの原因と言われている男性ホルモンが変換されたジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する効果があります。
血管拡張作用で血行を改善するミノキシジルタブレットも効果があります。
外用治療としてはジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するパントスチン、ミノキシジルを5%含むロゲイン5%があり、ホームケアで手軽に育毛が行えます。
メソセラピーとしては頭皮に直接成長因子やミノキシジルを注入して発毛を促します。