ニキビ治療

ニキビは コメドと呼ばれる手で触れるとざらざらした状態(白ニキビ、黒ニキビ)からはじまり、皮脂腺内にニキビの原因となるばい菌などが入ることによって炎症ざ瘡(赤ニキビ)、膿疱ざ瘡(黄ニキビ)と変わります。それぞれの段階で適した治療を行わなければなりません。
炎症ざ瘡、膿疱ざ瘡の負のループを繰り返す時間が長ければそれだけニキビ痕(色素沈着、凹凸・クレーター)もひどくなります。
保険診療では数種類の外用薬を組み合わせます。膿疱ざ瘡がひどい場合には一時的に抗生剤の内服治療もおこないます。
自費治療では、ケミカルピーリング、レーザーピーリング、色素レーザーやIPL(BBLフォトブライト)治療なども行います。根本治療が必要な場合はメディアージュクリニックでのPDT(フォトダイナミックセラピー)をご紹介し連携治療を行っていきます。