傷あとのひきつれ(瘢痕拘縮)

傷が治ったあとがいつまでもひきつれを残すことで(特に関節部)、日常生活に支障をきたすことがあります。傷が伸びやすい方向に傷を作りかえたり、皮膚移植を行います。
保険外治療では、レーザー治療で傷を柔らかくしたりしなやかにすることで、ひきつれを徐々に改善させる治療を行います。