エムスカルプト(HIFEM)

エムスカルプト(HIFEM)image

エムスカルプト 痩身法は脂肪吸引や超音波・高周波など様々な治療方法がありますが脂肪に着目したものばかりでした。脂肪を減少させることはできるものの、筋肉量を増やすことはできない為、綺麗なボディラインを作るには治療後にたるんだ筋肉をトレーニングなどで引き締める必要がありました。人体組成において筋肉は35%と皮下脂肪より大きな部分を占めています。
最新の痩身機器、エムスカルプトは新しい技術で筋肉をつけながら脂肪を燃焼させることができますので、美しいボディラインを作ることが可能です。
エムスカルプトは、世界で唯一の筋肉増量しながら脂肪を減らす痩身機器です。 HIFEM(高密度焦点式電磁)とMRIの技術を使用しており、運動ニューロンにのみ働きかけ筋肉の深層(皮下7㎝の深さ)にまでその影響を与えます。収縮回数は30分で2万回!普段の運動ではできません。
全く新しい※HIFEM(ハイフェム)とMRI(0.5~1.8T テスラ)技術を利用したテクノロジーでUSPTO(米国特許商標庁)による5個の特許取得済み。 筋肉を鍛え脂肪を燃焼させる唯一の非侵襲的施術法でボディをデザインできます。
また、HIFEMが超極大筋収縮を発生させることにより脂肪の分解が開始し、過剰な代謝反応で脂肪細胞死が始まります。(脂肪アポトーシス)
結果、筋肉は強化して増加し、脂肪は破壊され減少します。
30分寝ているだけで楽しくインナーマッスルが手に入ります。
今まで何をやっても効果がなかった方にぜひ一度体験していただきたいです。
(※個人差があります。) エムスカルプトについて - EMSCULPT Japan<公式HPへ>

HIFEMのしくみ

①一般的なトレーニングとの違い

エムスカルプトの電磁場は皮下7cmの対象部位に対して筋肉全体を均一に収縮させます。一般的な運動の場合、収縮される筋肉をコントロールできず、激しい運動でも一部しか収縮されません。

②HIFEM 超極大筋収縮

・エムスカルプトは高密度焦点式電磁(HIFEM)とMRIの技術を使用しています。 ・照射されたエネルギーは1回の治療につき約2万回ほどの筋収縮を誘発。その結果、通常の自発的な筋肉の運動では到達できない超極大筋収縮が発生します。

HIFEM 超極大筋収縮image

③HIFEM技術の刺激パターン

高い臨床効果を得るため、治療中に様々な組み合わせのパルスを発生させています。

HIFEM技術の刺激パターンimage

④EMSとの違い

・EMS(電流)は電極間の最短経路を通る。大部分のエネルギーは表面層に集中し、その一部のみが筋肉に到達するため、軽い刺激から強い刺激まで様々。痛みや熱傷のリスクがあるためエネルギーにも制限がかかる。 ・エムスカルプト(HIFEM、電磁波)は皮膚表面から7㎝という深部まで伝達され、全中枢神経群の神経支配を可能にし、筋肉層全体の収縮を引き起こす。物理的な運動では到達できない脂肪アポトーシスおよび超極大筋収縮を引き起こす。熱傷のリスクもありません。

EMSとの違いimage

HIFEM(エムスカルプト®)で改善できる症状

  • 腹部の筋肉増強とシェイプアップ 割れた腹筋
  • お尻の筋肉増強とシェイプアップ 美尻
  • 太ももの筋肉増強
  • 二の腕の筋肉増強、シェイプアップ

筋肉量を増やし、脂肪壊死により皮下脂肪を減らすことで健康的にシェイプアップを目指していきます!

HIFEM(エムスカルプト®) 施術費用

臀部・腹部 1回30分
66,000円
二の腕(上腕三頭筋)、力こぶ(上腕二頭筋)、ふくらはぎ 1回20分
44,000円

1回でも治療効果を得られますが、持続的に効果を維持するには1週ごとに4回集中治療することをお勧めします。
※サブスクリプション(月定額)や、他施術(脂肪溶解注射やHIFU、ダイエット内科治療)との組み合わせも行っています。詳しくは診察の際にお尋ねください。

当院での照射方法

①部位によってうつぶせまたは仰向けになります
②治療中にアプリケーターが動かないよう、専用ベルトで固定します。
③アプリケーターを治療部位の上に設置します。
④患者様個々人に合ったパラメーター設定で治療を開始します。
治療時間は部位により20分~30分です。

治療の流れ

※治療24時間前に水分1~2リットル、必須アミノ酸BCAA、EAAを摂取するとより効果的です。

  • 初診時には問診票をご記入して頂きます。診察でしっかりと状態を確認します。診察の状況でエムスカルプトではなく他の治療(GLP1や栄養採血などのダイエット内科治療など)や脂肪溶解注射などを先行で推奨する場合もあります。

  • 体組成を計測し、体重・体脂肪・体内水分量・体内筋肉量を測定、サイズ測定をして専用のダイエットカルテを作成します。

  • 部位によってうつぶせまたは仰向けになり、専用ベルトで固定します。アプリケーターを治療部位の上に設置します。患者様個々人に合ったパラメーター設定で治療を開始します。治療時間は部位により20分~30分です。治療時は強い筋収縮の刺激を感じます。
    (強度が高い筋トレのような刺激です)痛みはありません。

  • 治療後にはプロテインを飲むことを勧めます。(筋の回復を高めます)

治療後の経過

通常の筋トレと同じように、翌日に施術部位の筋肉痛が発生する場合があります。筋肉痛は平均2~4日間続き、最長では1週間続く方もおられます。筋肉痛にならない人も筋肉自体は増大しています。

治療の目安

1回でも治療効果を得られますが、持続的に効果を維持するには1週ごとに4回集中治療することをお勧めします。4回継続治療後3~6か月の筋肉の増加が維持するという研究論文が多数報告されています。

副作用・注意点について

  • 服の上から治療はできますが、筋肉が均一に収縮しているかどうかの確認や設定を調整する必要があるため、素肌に直接当てることを推奨します。
  • 妊娠中・ペースメーカー・電気系インプラント・抗凝固薬服用中の方は治療を受けることができません。
  • 治療後の経過にはいくらかの個人差があります。また、治療中・治療後に予期しない合併症や後遺症が生じる可能性があります。

おススメ治療

エムスカルプトとの併用により相乗効果が見込める治療組み合わせ

皮下脂肪が厚めの方
食欲を抑えたい・脂っこいものが好き
自身の栄養状態を知りたい・必要なビタミンやサプリメントを知りたい

栄養採血(オーソモレキュラー療法)

エムスカルプトと同時にできる治療

仰向けで施術を受ける場合(腹筋、二の腕)

イオン導入各種注射点滴療法、治療前の麻酔、様々なレーザー治療水光注射ダーマペンなど。

うつぶせで施術を受ける場合(臀部、上腕二頭筋)

各種注射点滴療法、治療前の麻酔 など

20~30分の治療時間に組み合わせて治療することができます。