ボトックス(ボツリヌストキシン)注入

ボトックス(ボツリヌストキシン)とは?

ボツリヌス菌から抽出されたタンパクの一種でボツリヌストキシンと呼ばれます。アラガン社の製品を「ボトックス」と呼びます。
ボツリヌストキシンは、筋肉の動きや汗の分泌に関わる「アセチルコリン」という伝達物質の放出を阻害する働きがあります。もともとは眼瞼痙攣などの治療に使われていましたが、美容分野へと広く応用されるようになってきました。

ボトックス注入で改善できる症状

  • 表情ジワ

    • 眉間の縦ジワ
    • おでこの横ジワ
    • 目尻のシワ(カラスの足あと)
    • 鼻の横ジワ(バニーライン)
    • ガミースマイル(笑うと歯茎が出る症状)
    • 口角アップ
    • 顎の梅干しジワ
  • 首のシワ

  • フェイスリフトボトックス

    顔全体を下に引っ張る広頸筋という首の筋肉に注入することでフェイスラインのリフトアップ効果や頬のリフトアップをはかる注入法です。

  • マイクロボトックス

    皮膚の浅い層にボトックスを細かく注射する方法で筋肉の動きは抑えることなく皮脂腺や汗腺に働きかけて毛穴の開き・皮脂抑制・肌のリフトアップをはかる注入法です。

  • 小顔形成

    両あごの張ったエラにボトックスを注入することで必要以上に発達した咬筋を弱めて角ばったエラの張りをとってスッキリした小顔にします。

  • ふくらはぎ形成

    必要以上に発達したふくらはぎの筋肉にボトックスを注入することでふくらはぎの形を整えていきます。

  • 肩こり改善

    背中~肩に大きく広がる僧帽筋が異常に緊張・収縮することによって肩こりの原因になります。筋肉の収縮を抑えるボトックスを注入することで緊張を解いて肩こりを和らげる効果があります。異常に肩が張っている方もボトックス注入で必要以上に発達した筋肉を抑えることが出来ます。

  • 多汗症治療

    • ワキ汗予防
    • てのひらの汗予防

エラボトックス注射による小顔形成の症例写真

  • 施術前

    施術後

当院での注入方法

ボトックスビスタ

アイスパックで冷却をしながら注入を行います。痛みに弱い方は表面麻酔を行ってからの施術となります。スタンダードプランは韓国製のレジェノックスというボツリヌストキシン、スペシャルプランはボトックスVISTAを用いて治療を行います。

治療の流れ

  • 初診時には問診票をご記入して頂いてから、注入部位のメイクを取って頂きます。診察でしっかりと診断を行い、薬剤を決定します。

  • アイスパックでの冷却、あるいは必要があれば麻酔を塗布して30分~45分効かせてからの注入になります。治療部位の範囲、照射方法にもよりますが治療時間は5~10分程度です。

  • 治療後はメイクをしてお帰り頂きます。注入部位のマッサージは1週間避けて下さい。

治療後の経過

注射による注入の為まれに内出血や軽度の腫れ(特に目元)が生じることがあります。内出血が起こった場合は1~2週間で吸収されます。コンシーラー等でカバーをして頂きます。
一般的にシワに対しては1週以内、筋肉に注入した場合は1か月くらいで治療効果が現れます。3~6か月ほどで徐々に元の状態に戻っていきます。
額や眉間に注入した場合、瞼が重くなったり(眼瞼下垂)、頭が重たい感じ(頭重感)が生じる場合があります。