刺青除去(レーザー治療、削皮+レーザー、切除)

刺青除去について

若気の至りで入れたタトゥー、ファッションタトゥー。就職や結婚の時、温泉やプールに入れない、子供に見せられないなど後々後悔され取りたいと思われる方が多いです。ファッションタトゥーなど気軽に入れられる反面、除去するには時間と金額がかなりかかることを覚悟してください。

当院での施術方法

入れる場所に適した濃度のヒアルロン酸薬剤を注入していきます。アイスパックで冷却をしながら注入を行います。痛みに弱い方は表面麻酔を行ってからの施術となります。

レーザーによる色素の破壊

532nm(半波長Nd:YAG)、755nm(アレキサンドライト)、1064nm(Nd:YAG) という3つの波長のレーザーを用いて色素を破壊していきます。1回の施術では取れません。黒色には強いですが色(特に緑や橙や黄色)に対してはQスイッチレーザーのみでは治療が難しいのが現状です。回数を重ねることで色素脱失(模様が白抜けする)ことがあります。

症例写真(レーザー治療)

  • 施術前

    施術後

  • 施術前

    施術後

  • 施術前

    施術後

手術による切除

早く確実に除去したい場合は 削皮といって皮膚を剥いでレーザーを組み合わせる方法、切除で「線」にする方法、範囲が広い場合は皮膚移植術が必要になります。幅が広い絵柄を切除する場合は「分割切除」といって、皮膚が伸びるのを待ちながら数回に分けての切除が必要になります。 皮膚移植の場合は入院治療が必要になりますので提携病院へご紹介します。

治療の流れ

  • 初診時には問診票をご記入して頂きます。どの施術方法が一番適しているのかをじっくりと患者様と話し合い治療方針を決定していきます。

  • 治療当日は、

    • レーザー治療の場合は麻酔クリームを塗布して30分~45分効かせてからの注入になります。治療部位の範囲、照射方法にもよりますが治療時間は数分から30分程度です。
    • 手術の場合は局所麻酔を注射してからの施術になります。治療部位の範囲、照射方法にもよりますが治療時間は数分から30分程度です。
  • 治療後はメイクをしてお帰り頂きます。日常生活に制限はありません。

治療後の経過

  • 治療後は軟膏治療、または包帯による圧迫を行います。治療後のホームケアについてはお伝えした方法をきちんと守るようにして下さい。アフターケアも非常に重要です。

  • 1~2週間後に傷の状態を診察します。切除手術の場合は抜糸を行います。

  • 次の治療計画を外来でたてていきます。(傷の治り方によって次の治療時期を決めていきます)

治療の目安

必要な治療回数は刺青の状態で変わってきます。