小顔注射(BNLS注射)・輪郭注射

小顔注射(BNLS注射)・輪郭注射とは?

様々な呼び名がついていますが、要は「脂肪を溶解する注射成分」です。薬の名前によってこのように呼ばれています。脂肪を溶解する成分が含まれますが、主要成分は若干異なります。
BNLS注射は植物由来の成分(マロニエ・ペアシアグルミ・オキナグサ・ヒバマタ等から抽出した成分)、輪郭注射も植物由来成分(ヒバマタ・セイヨウクルミ・西洋トチノミ等から抽出した成分)、脂肪溶解注射(Lipi-C)はフォスファシチジルコチン(大豆に多く含まれる成分)とデオキシコール酸が主成分です。

脂肪溶解注射(Lipi-C)

出血や痛みなどのダウンタイムが少ないのは植物由来成分の前2薬剤になります。顔や小範囲の治療に適しています。当院ではBNLS薬剤を採用しています。
ボディなど広い範囲を希望される場合は脂肪溶解注射(Lipi-C)をお勧めしています。

小顔注射(BNLS注射)で改善できる症状

    • フェイスライン
    • 顎下
    • 鼻・小鼻
  • ボディ

    • 二の腕や肘の上の脂肪
    • 膝の上の脂肪
    • 足首

当院での注入方法

アイスパックで冷却をしながら注入を行います。痛みに弱い方は表面麻酔を行ってからの施術となります。範囲によって必要な注射の本数が変わります。BNLS注射は 約5x5cmの範囲で1本、脂肪溶解注射(Lipi-C)は約10x10cm(てのひら1枚)の範囲で1本が目安です。

治療の流れ

  • 初診時には問診票をご記入して頂いてから、顔であれば注入部位のメイクを取って頂きます。診察でしっかりと診断を行い、薬剤を決定します。

  • アイスパックでの冷却、あるいは必要があれば麻酔を塗布して30分~45分効かせてからの注入になります。治療部位の範囲、照射方法にもよりますが治療時間は5~10分程度です。

  • 治療後はメイクをしてお帰り頂きます。注入部位のマッサージは1週間避けて下さい。

治療後の経過

注射による注入の為まれに内出血や軽度の腫れ(特に目元)が生じることがあります。内出血が起こった場合は1~2週間で吸収されます。コンシーラー等でカバーをして頂きます。
効果が表れるのは共に2~3回目以降からです。1~2週間おきの治療が目安です。