スレッドリフト(バーブアンカー®)

スレッドリフトはメスを使わずに糸(スレッド)を真皮や皮下脂肪層に挿入して引っ張り上げる(リフト)ことによってたるみ改善や小顔効果を出す治療法です。
体内で溶ける糸(吸収糸)を真皮に挿入することでコラーゲンやエラスチンといった繊維組織を作り、糸についた棘を組織に引っ掛けて持ち上げる効果、皮膚のハリや弾力を取り戻してたるみを引き上げます。手術に比べ、腫れや内出血といったダウンタイムが少ないことも特徴です。

当院ではリード社のバーブアンカー®を用いています。

スレッドリフトの仕組み

挿入直後

針を挿入した刺激によって針穴の傷を治す反応(創傷治癒反応)が起こります。コラーゲンやエラスチンの生成、局所の血液の微小循環も改善されます。このことが、ハリや弾力アップにつながります。また、糸についた棘が真皮や脂肪に引っ掛かり引き上げることによってリフトアップ効果が得られます。

2次的反応

バーブアンカー®は「POD(ポリジオキサノン)」という医療素材でできています。
180~240日間体内に残り、その後加水分解をうけ徐々に吸収されます。PODが真皮に残り吸収される間、軽い異物反応が起こり、線維芽細胞が糸の周囲にコラーゲンやエラスチンを合成します。糸が吸収された後も線維組織が残ることによって真皮内のハリや弾力を保ちます。スレッドリフトの効果の目安は1~2年程度です。吸収される期間にリードファインを追加したり、熱治療や水光注射リフトアップ皮内注入療法などを組み合わせることによって線維芽細胞やコラーゲン活性を高めることで相乗効果が得られます。

スレッドリフト(バーブアンカー®)で改善できる症状

  • 頬・法令線・フェイスラインのたるみ

  • あごのたるみ

  • くびのたるみ

  • 手術には抵抗があるがわかりやすい効果を得たい

スレッドリフト(バーブアンカー®)治療費用

スレッドリフト(バーブアンカー®)
50,000円/1本

当院での治療方法

治療前のカウンセリングを大事にします。患者さんが気にされているたるみの部位、たるみの状態を十分に診察し、必要なバーブアンカー®の本数を決定していきます。皮膚の状態に応じては侵襲やダウンタイムが少ない熱治療(赤外線治療HIFU)や水光注射リフトアップ皮内注入療法リードファインリフト®が適していると判断することもあります。

治療の流れ

  • 初診時には問診票をご記入して頂いてから、洗顔でメイクを取って頂きます。診察でしっかりとたるみの状態を診察し、どの部位に何本の糸を入れるか決定し、マーキングを行います。

  • 局所麻酔を行った後、バーブアンカー®を挿入します。治療部位の範囲、糸の本数にもよりますが治療時間は10~20分程度です。

  • 糸を挿入した後は10分程度冷却を行い、赤みを抑えます。

  • 当日は赤みや針穴が生じます。翌日からお化粧でカバーが出来ます。

治療後の経過・副作用・注意点について

  • 針を刺す治療のため内出血や軽度の腫れが生じることがあります。内出血が起こった場合は1~2週間で吸収されます。コンシーラー等でカバーをして頂きます。
  • 数日後より肌のハリ感、リフトアップ等の効果を感じられ、2次効果として1~2年皮膚のたるみ予防効果があります。効果を持続させるためには1~2年ごとの治療を推奨しています。
  • 溶ける糸(吸収糸)を使っていますが、ごくまれに糸に対する異物反応やアレルギー反応を起こすこともあります。
  • 治療後2~3日くらいは、挿入箇所を触ると鈍い違和感がある場合があります。
  • 術後数日~1カ月くらいは大きく口を開けたり笑ったり、洗顔時に引きつれ感や違和感を生じることがあります。
  • 治療後の経過にはいくらかの個人差があります。また、治療中・治療後に予期しない合併症や後遺症が生じる可能性があります。
  • 妊娠中の方は治療することが出来ません。