デリケートゾーン ~膣や尿漏れ~のお悩み

お肌のトラブル、シミ・くすみ・ホクロ、しわやたるみ等
女性はもちろんお子様のお肌まで、
お肌に関するお悩みはなんでも、どうぞ私たちにご相談ください

デリケートゾーン ~膣や尿漏れ~のお悩み

閉経後の女性の50%に、かゆみ・膣の潤滑低下・性交疼痛・性交時の膣出血・多尿・尿漏れ・白帯下(おりもの)など、さまざまな症状を生じます(閉経関連外因尿路症候群と呼ばれます)。閉経後に卵巣のエストロゲン産生が低下し、皮膚や粘膜が脆弱化するからです。
ホットフラッシュや、抑うつ、不眠などの更年期障害の症状は通常一時的ですが、これに対して膣萎縮は長年にわたり悪化し、性的能力や生活の質に悪影響を与えます。

悩みは大きいけれども
どこで治療すればいいのか?
恥ずかしいと悶々とされている方は
多いです。

  • 膣の乾燥・灼熱感・痒み・においなど(約40%)
  • 性交疼痛・疼痛(約40%)
  • くしゃみをしたときの尿漏れ・湯船に入ると膣内にお湯が入る(約40%)

治療方法

CO2フラクショナルレーザー(EdgeOne(エッジワン))を用いた、膣の若返り・エイジングケアレーザー治療(インシェイプ・In Shape)を行います。

これらの治療は潤滑剤や保湿剤使用、女性ホルモン補充療法、注入療法、外科的手術がおこなわれてきました。しかし、女性ホルモン補充療法は乳がん既往がある方には行えない治療です。
近年、女性の体への負担等を考慮し最近では高周波やレーザーによる治療法が開発されています。その中でも最先端な施術として最近注目されているのがCO2フラクショナルレーザー(EdgeOne(エッジワン))を用いた、膣の若返り・エイジングケアレーザー治療(インシェイプ・In Shape)です。これまでのレーザー治療よりもさらに効果的な施術が可能で、福岡では当院が初めてこの施術を導入しております。

  膣のレーザー治療 注入療法 膣形成手術
施術方法 膣壁にレーザーを照射して即時的な収縮とコラーゲン生成を誘導 膣壁にヒアルロン酸などを注入して膣通路を一時的に狭める 膣壁の片側から粘膜の一部を切除し、膣の括約筋を引っ張り縫合
麻酔 無(希望者は麻酔有)
施術時間 10~15分 30~60分 60分
入院
疼痛 普通
ダウンタイム ほぼ無し 2~3週間 6週間
合併症 ほぼ無し 持続時間が短い 感染、膀胱穿孔

膣の若返り・エイジングケアレーザー

  1回 2回目(※半年以内施術)
膣の若返り・エイジングケアレーザー(エッジワン・インシェイプ)
50,000円
40,000円
外陰部(陰唇引き締めおよびホワイトニング)
10,000円~/1回(面積による)

※1回でもある程度効果はありますが、1~2ヶ月おきに2~3回くらいがおすすめです。

副作用について

  • 施術中・施術後に赤み(数時間以内で収まる軽度の状態)、まれに色素沈着や腫れ、熱傷が起こる可能性があります。
  • 光線に過敏な方、アレルギー体質の方は皮膚炎・熱傷及び色素沈着等を起こす可能性があります。
  • 光過敏という副作用を持つ薬を内服されている方、光アレルギー、てんかんのある方は、場合により治療をお断りすることがあります。治療期間中に内服、外用している薬があればその都度申し出て下さい。現在、服用されている飲み薬・塗り薬がある方は事前にお申し出下さい。
  • 治療後の経過にはいくらかの個人差があります。また、治療中・治療後に予期しない合併症や後遺症が生じる可能性があります。
  • 妊娠中の方は、治療を受ける事ができませんのでご了承ください。
  • 無治療または治療中の卵巣、卵管、子宮、腟、外陰部のがん、前がん状態、またはその疑いがある 生殖器感染症(カンジダ症、クラミジア、淋病、性器ヘルペス)がある 活動性の強い腟炎、外陰炎がある 子宮が外陰部から脱出している状態(子宮脱)の方 妊娠またはその可能性のある方 月経期間中の方(月経時以外では施術可能) 抗がん剤治療を受けている方(乳がんのホルモン療法は除く)は治療を受けることが出来ませんのご了承ください。