IPL光治療(SCITON社BBLフォトブライト)

米国SCITON(サイトン)社は【King of LASER】キングオブレーザー、レーザーの王様とも称される老舗レーザーメーカーの一つであり、BBL (Broadband Light) はサイトン社が開発した広域帯波長を使用した医療用光治療器(IPL)です。
その治療効果の高さから、わざわざ遠方からBBL治療を受けに来る患者様も少なくありません。

シミ、赤み、くすみ、色むらなどに最高の治療効果を発揮するだけでなく、定期的に長期間BBL治療を受けることにより、エイジングケア効果として若くて健康な肌を維持する事ができます。また、2013年にスタンフォード大学が、「このBBLのエイジングケア効果は若返り遺伝子発現によるもの」と遺伝子レベルでの研究発表を行い話題になっています。
患者様の効果の実感だけにとどまらず、科学的なエビデンスにも支えられているのがBBL光治療です。

スタンフォード大学による若返り遺伝子発現の研究結果

スタンフォード大学皮膚科よる、医学研究の結果から、BBL治療は皮膚細胞の遺伝子発現を若い状態に保つ効果があることがわかりました。
1,000以上のRNAの発現が若い状態に近づき、40台の皮膚の遺伝子発現プロファイルが20代のものに非常に近い結果となったのです。
この結果から、以下の皮膚変化がもたらされていることがわかりました。

  • 弾力性の向上
  • より規則正しく配列したコラーゲン
  • シワ、色素沈着、赤ら顔の改善
  • 施術前

    施術後

Rejuvenation of Gene Expression Pattern of Aged Human Skin by Broadband Light Treatment-2013

当院では 420nm,500nmピンブライト®、515nm、560nm、590nm,640nm,695nm 7枚のフィルターを使うことで様々な症状に対応でき、効果を出すことが可能です。

BBL光治療で改善できる症状

  • シミ・ソバカスなどの色素性病変
  • 肌の色むら(クスミ・赤ら顔など)
  • ニキビ
  • ニキビ痕の色素沈着(赤み・茶色み)
  • 肌のハリやツヤの衰えといったエイジング症状
  • エイジングケア

BBLの光熱エネルギーは肌の表層と深層に働きかけます。
波長の短いフィルターを使うことで表皮にあるシミやそばかすの原因であるメラニン色素を破壊します。
また、波長が長いフィルターを用いて深層にある毛細血管拡張の原因である血管を閉塞させていくことで徐々に赤みの改善が得られます。
メラニンやヘモグロビンが破壊された反応熱により真皮のコラーゲン増加も得られます。更に、特殊フィルターを用いてポルフィリンに反応をさせて新生ニキビ治療も可能となります。

IPL治療(BBLフォトブライト)

  初回 1回 1か月以内 2か月以内 3回券 5回券
顔全体
スタンダード
10,000円
30,000円
18,000円
24,000円
84,000円(28,000円/回)
130,000円(26,000円/回)
顔全体
スペシャル
20,000円
40,000円
24,000円
32,000円
108,000円(36,000円/回)
170,000円(34,000円/回)
顔全体
フォーエバーヤング照射法
30,000円
50,000円
30,000円
40,000円
135,000円(45,000円/回)
210,000円(42,000円/回)
前頸部/手背
スタンダード
10,000円
20,000円
12,000円
16,000円
57,000円(18,000円/回)
85,000円(17,000円/回)
前頸部/手背
スペシャル
15,000円
30,000円
18,000円
24,000円
81,000円(27,000円/回)
130,000円(26,000円/回)
顔治療とセット
前頸部/手背
スタンダード
9,000円
15,000円
9,000円
12,000円
40,500円(13,500円/回)
65,000円(13,000円/回)
顔治療とセット
前頸部/手背
スペシャル
13,000円
25,000円
15,000円
20,000円
69,000円(23,000円)
110,000円(22,000円/回)

※頬のみなど小範囲(10,000円~) も対応しています (詳しくは診察時にお尋ねください)

当院での照射方法

全顔照射を行った後、気になる部位に効果が高いスポット照射スポットチップ®ピンブライト®)を用いる2段階照射を行っています。
スタンダード、スペシャルでは照射方法、照射数が異なります。より、効果を求める方にはスペシャルコースでの照射をお勧めしています。

更に効果を求める方は、「フォーエバーヤング照射法」を行います。

  • スポットチップ®

    短い波長のフィルター(515nm),直径6mmの照射スポットでシミや毛細血管拡張の部位にピンポイントで照射することで効果を上げます。

  • ピンブライト®

    スポットチップ®よりも更に短い波長のフィルター(500nm),直径6mmの照射スポットでシミや毛細血管拡張の部位にピンポイントで照射することでスポットチップ®よりも更にアグレッシブな治療効果を狙っていきます。

  • フォーエバーヤング照射法

    光治療で世界的にも著名なPatrick Bitter先生が考案した照射方法です。スタンダード、スペシャルよりも更に照射方法が特殊になり、照射数も倍近くになります。

治療箇所

身体のほとんどの部位が治療可能です。特に紫外線を受けやすい顔・前頸部・手背などのシミ治療が多く行われます。

治療の流れ

  • 初診時には問診票をご記入して頂いてから、洗顔でメイクを取って頂きます。診察でしっかりと肌診断を行い、照射方法や強さを決定します。

  • BBLの光はまぶしいのでゴーグルで目を保護してから治療を行います。治療希望部位に専用のジェルを塗布した後、光を照射します。あたたかさと輪ゴムで「パチリ」とはじかれたような刺激があります。目の周囲ではまぶしさを感じます。
    治療部位の範囲、照射方法にもよりますが治療時間は10分から30分程度です。

  • 治療後はジェルを洗顔で落としてもらいます。トリートメント(イオン導入や超音波導入)を組み合わせるとより相乗効果が高くなります。

  • 治療後はメイクをしてお帰りいただきます。日常生活に制限はありません。紫外線や摩擦の刺激は避けて下さい。

治療後の経過

治療直後は照射部位が少し赤くなったり、ほてったりすることがありますが通常は数時間で収まります。シミやそばかすなどは治療後に少し黒く浮き上がるように見えることもあります(マイクロクラストといいます)。
1週間程度で剥がれ落ちて同部位の色素病変は薄くなっていきます。無理やり剥がしたりしないようにして下さい。マイクロクラストが出来ていなくても、表皮内でメラニンは破壊されてマクロファージなどに貪食されて代謝されていきますので徐々に色調は薄くなってきます。

治療の目安

必要な治療回数は症状や肌質で変わってきます。「治療」として行う場合は月に1回、5~6回が一つの治療クールの目安です。
BBL治療のみで改善が難しい場合はレーザー治療などを組み合わせます。1クール終了後エイジングケアで若々しい肌をキープする場合は、2~3か月ごとの継続治療をお勧めしています。

副作用・注意点について

  • 照射後は日焼けや洗顔の際にも強く肌をこすったりしないで下さい。
  • 施術中・施術後に赤み(数時間以内で収まる軽度の状態)、まれに色素沈着や腫れ、熱傷が起こる可能性があります。
  • 光線に過敏な方、アレルギー体質の方は皮膚炎・熱傷及び色素沈着等を起こす可能性があります。
  • まれに照射部が白く色素がぬけるこ)があり、この場合元に戻らず残ってしまう事があります。
  • 光過敏という副作用を持つ薬を内服されている方、光アレルギー、てんかんのある方は、場合により治療をお断りすることがあります。治療期間中に内服、外用している薬があればその都度申し出て下さい。現在、服用されている飲み薬・塗り薬がある方は事前にお申し出下さい。
  • 治療後の経過にはいくらかの個人差があります。また、治療中・治療後に予期しない合併症や後遺症が生じる可能性があります。
  • 妊娠中の方は、治療を受ける事ができませんのでご了承ください。

症例写真

  • 施術前

    施術後

  • 施術前

    施術後

  • 施術前

    施術後

  • 施術前

    施術後

  • 施術前

    施術後

  • 施術前

    施術後

全て写真はSCITON社より提供