赤ちゃんのあざ治療

体の青あざ-異所性蒙古斑保険適応

体の青あざ-異所性蒙古斑の症状

蒙古斑(もうこはん)は生後1週から1カ月ころまでの赤ちゃんのお尻や腰に出現する青あざで日本人にはほぼ100%見られます。6歳ころの子どもまでに自然消失するため問題になることはありません。ところが、まれにお尻や腰以外に青アザが出ることがあり、これを異所性蒙古斑(もうこはん)と呼びます。大半は幼稚園や小学校などの学童期までに薄くなっていきますので経過観察が基本となります。しかし、色調が濃いものは大人になっても残ることがあります。また、露出部などは患者さんや親御さんの精神的苦痛を緩和するためにQスイッチレーザー照射を行うこともあります。

体の青あざ-異所性蒙古斑の治療方法

Qスイッチレーザー

青アザの色調を見ながら治療適応を決めていきます。なぜなら、安易にQスイッチレーザー照射を行えば白ぬけ(白斑)のリスクが高くなってしまいかえって目立つ結果になるからです。治療に適切な時期、適切なレーザー照射設定をこれまでのたくさんの経験から見極めて治療にあたります。

Qスイッチレーザーによる症例写真

  • 施術前
  • 施術後

写真はCandela社より提供

体の青あざ-異所性蒙古斑の治療の流れ

  • 1歳までは色調が薄くなることが多いため外来で経過をみます。
  • 露出部などは患者さんや親御さんの精神的苦痛を緩和するために注意深くQスイッチレーザー照射を行うこともあります。治療間隔は最低3カ月はあけながら治療をおこないます。

体の青あざ-異所性蒙古斑の治療費用の目安

面積 4c㎡まで 4~16c㎡まで 16~64c㎡まで 64c㎡以上
費用 20,000円 23,700円 29,000円 39,500円

※実際に窓口でお支払い頂く金額は保険種別により上記金額の0~3割になります。
※上記費用の他に初・再診料、麻酔代金、処方箋料等の基本の保健理療費が必要になります。

体の青あざ-異所性蒙古斑に関してよくいただくご質問をまとめました。

  • レーザー治療は痛いですか?

    痛みは輪ゴムを弾いたような痛みです。麻酔クリームや麻酔テープを塗布、貼付しての治療を行います。広範囲の場合は全身麻酔が必要なので、入院治療が必要です。(福大病院へ紹介します。)

  • レーザー治療後の処置は?

    2週間は処方される軟膏を塗ってガーゼ保護をして頂きます。

あざの種類

形成外科・美容皮膚科 みやびクリニック 総合サイト

みやびクリニック日帰り手術 専門情報サイト

お気軽にお問い合わせください

092-589-7382

診療時間/10:00~18:00(土曜日は14時まで)
休診日/日曜・祝祭日
※最終受付は診療時間の30分前までとなります

来院予約・お問い合わせ

アクセス

〒816-0813 春日市惣利2丁目70-1
TEL 092-589-7382 FAX 092-589-8382

  • 費用(保険適応)

    赤アザ、青あざ、茶あざのレーザー治療は保険適応です。(一部保険適応外)

  • 治療機器紹介

    あざ治療に使用するレーザー治療機器をご紹介いたします。

  • よくあるご質問

    あざ治療に関するよくいただくご質問をまとめました。

毎日たくさんのお問い合わせ・ご予約をいただいております。

完全予約制・保育士がいる託児室・駐車場完備 形成外科・美容皮膚科 みやびクリニック

〒816-0813 福岡県春日市惣利2丁目70-1 MAP
TEL 092-589-7382 FAX 092-589-8382

092-589-7382

診療時間/10:00~18:00(土曜日は14時まで)
休診日/日曜・祝祭日

来院予約・お問い合わせ